教師の言葉の重み

こんにちは!

たんぽぽ訪問看護国領のスタッフ、きなこです。


お久しぶりです!


全くブログ書いていませんでした。連休の前後、忙しくて毎日業務に追われていました。

あまりにも忙しく、職員それぞれが何からどう手をつけていいのか…みんなで仕事をしながら業務の多さに戸惑い、途中笑い出す場面もありました。


でも、こうして忙しく働けることと、忙しくても笑って働ける仲間がいて、幸せだなとつくづく思いました。

以前のブログに記載しましたが、『働くことは、生きること』なので、忙しくても充実感が得られる職場は、居心地がいいな…と思います。


今日は、この格言めいた言葉の流れになりますが、私の学生時代のある先生がよく言っていた言葉のひとつ、

『向き不向きより、前向き』

という言葉について、ちょっとだけお話ししたいと思います。


看護教員だったこの先生は、事あるごとに「向き不向きより前向き!」と私たちに話してくれました(本当は校内の別の先生が先に発言しだしたのを、真似したようです。先生自身がそう言ってました)。


社会人になり確かに、この言葉は事実だと思いました。

仕事の向き不向きを、やる前から勝手に判断してしまうのは自分にとって損なことです。

あらゆる自分の可能性を、最初から狭めてしまいかねません


実際私自身、自分が訪問看護には絶対向いていないと思いつつ、ひょんなことからこの仕事を始めたタイプです。

しかしながら❗️その魅力にどハマりしてしまい、今は大好きな仕事となっています。


でも、そこそこ大人になっていくなかで、『向き不向きより前向き』の精神だけで進んではいけない時もある…と感じるようになりました。

やっぱりある程度、自身の能力や適性というものを踏まえて働くこと。

伸ばせるところはどこか、たりないところはどこか…そういう客観的視点が、かなり大切であると思うことも増えました。


向き不向きより前向き。ただし、向いているものを探すことには極めて前向きに!


といま私は思っています。


それはさておき、

北海道に行ってきました。

寒かったですが、空気がきれいで夕日もきれいで食べ物も美味しくて、最高でした。

北海道のお土産はどれも美味しくて、選ぶのに苦労しません。

焼とうきび。

とうきびって、北海道の方言ですね。


とうもろこし…と呼ぶことに、私は抵抗があります😑


皆さんは、どんな連休を過ごしましたか?

夏休みまで、ちょっと期間があきますが、がんばりましょう‼️


★。・★。・★。・★。・★。・★。・★。・★。・★。・★。・★。・

【調布市】【三鷹市】【狛江市】【世田谷区】の訪問看護ステーション

たんぽぽ訪問看護国領(042-446-2073)

※看護師&作業療法士&理学療法士募集中!(男性看護師も活躍中)

 詳しくは公式HPまで 

☆公式HP → http://equality-t.net

☆コーポレートサイト→ https://tanpopokokuryou.amebaownd.com/

☆Instagram → https://www.instagram.com/tanpopokokuryou/

☆Twitter → https://twitter.com/tanpopokokuryou

☆Facebook → https://www.facebook.com/tanpopokokuryou

★。・★。・★。・★。・★。・★。・★。・★。・★。・★。・★。・

たんぽぽ訪問看護国領|調布市・三鷹市・狛江市・世田谷区の訪問看護&訪問リハビリを行う訪問看護ステーションです

たんぽぽ訪問看護国領は調布市全域・三鷹市一部・狛江市一部・世田谷区一部にて訪問看護、訪問リハビリを行う訪問看護ステーションです。24時間緊急時対応、精神科疾患のある方の看護、ターミナルケア(終末期)対応も行なっています。

0コメント

  • 1000 / 1000